Trickfish Amplification

Trilobite(トリロバイト)は、米国ロサンゼルスを拠点とする新進気鋭のベース・アンプ / キャビネット・メーカー「Trickfish Amplification(トリックフィッシュ アンプリフィケーション)」が今年の NAMM ショウで発表した2チャンネル入力に対応した新しいベース・プリアンプです。

​先行予約販売は、こちらのページから!

発売予定は5月、販売価格は81,432円(税込)

予約特典として、お好みに合わせて作成した
当店オリジナルのシールド・ケーブルをプレゼント!

「trilobite」

Trilobite(トリロバイト)について

幅約20センチ、奥行き約15センチの筐体に2系統の入力と2系統の4バンド・イコライザーを搭載、DI 出力とエフェクト・ループの入出力、ベース・プリアンプでは珍しいインサート・ループなど多彩な入出力端子を装備し、ライヴやレコーディングなど現場を問わずに使える究極のベース・プリアンプです。

2チャンネルの入力端子を装備しているだけでなく、その動作モードを切り替えることにより1)ベース2本に対してそれぞれ EQ を設定しフット・スイッチで使用するベースを切り替えたり、2)ベース1本に対して2種類の EQ を設定しフット・スイッチで使用する EQ を切り替えるといった、ステージ上で必要となるであろう主なベースの接続パターンに対応しています。

 

Trilobite(トリロバイト)で解決できるベーシストの課題

 

Trilobite(トリロバイト)は、以下のようなことに頭を悩ませているベーシストに最適です!

 

  • ステージ上で2本のベースを使い分けるので、ベースの切替だけでなく音色もベース毎に切り替えたい

  • 指弾きとスラップなど、奏法によって EQ の設定を切り替えたい

  • ソロやキメで使用するエフェクターを1回のスイッチングで切り替えたい

  • ミキサー卓に送り出す音色のセッティングをしっかり作り込んでおきたい

  • ボリューム・ペダルやコンプレッサーなど常に使うエフェクターの接続を簡素化したい


Trilobite(トリロバイト)の主な仕様

  • 2チャンネル入力(背面パネルにあるスイッチで動作モードを切替可能)

    • DUAL モード時

      • 各チャンネルの入力をフット・スイッチで切替。EQ も各チャンネル毎に設定可能。2本のベースを使い分ける際に最適なモード

    • MONO モード時

      • INPUT A の入力に対して EQ A と EQ B をフット・スイッチで切替。1本のベースに対して2種類の EQ 設定を切り替えて使う際に最適なモード

  • 2系統の4バンド・イコライザー(ベース、ロー・ミッド、ハイ・ミッド、トレブル)

    • Channel A の EQ はロー・ミッドとハイ・ミッドの中心周波数を切替可能

  • エフェクト・ループ

    • フット・スイッチでループの ON/OFF を切替 / 背面パネルにあるボリュームで Wet/Dry のバンランスを調整可)

  • インサート・ループ

    • Send 端子は EQ 後、Return 端子はエフェクト・ループの手前 / ボリューム・ペダルやコンプレッサーの接続に最適)

  • 2系統の XLR バランス出力(DI OUT と AUX / DI OUT は Pre EQ と Post EQ の切替可)

  • TRS バランス出力(ベース・アンプもしくはバランス入力対応機器の入力端子と接続)

  • チューナー出力(両チャネルの入力が常時出力)

  • ライン入力(ステレオ / 3.5mm)

  • ヘッドフォン出力(ステレオ / 3.5mm)

  • 電源は専用 AC アダプター(24V)より供給

  • 横幅(約 20cm) x 縦幅(約 15cm) x 厚さ(約 5cm)


※ 製品の仕様は NAMM ショウで製品が発表された時点のものです。実際に発売される製品とは仕様が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。